美弥 MIYA Official website

見えるもの感じるものを綴る日々 I am Artist.

TOP | RSS | ADMIN
| OLD »

Official website top

fb_SofM_01.jpg

---------------------------------------------------------------------
美弥 MIYA(旧名 沼田美弥)
◆作品についてお問い合わせはコメント欄をご利用ください。
 (Please write a question and the message in the comment column.)
  Click please
---------------------------------------------------------------------

◆ Miya Work /みや作品リスト
◆ Miya biography/みやプロフィール
◆ Store : Small size
◆ Store : Large size
◆ Display recording /展示動画
by Suppot Amaneshi 弥

コンクリートブロック塀設計規準

「コンクリートブロック塀設計規準」
参照サイト:ブロック塀大辞典
ブロック塀
平成30年6月18日(月)大阪地震で倒壊したブロック塀について
幼い命を奪ったずさんな施工とそれを隠すために塗られたペンキ絵の愚かさ。
正しい施工方法は実験を繰り返し決まったものだけに安定感がありますが、見ても美しい。
ペンキ絵についてはお粗末なトリックアートと言うしかありませんが、危険を誤魔化す企みにまんまと欺せされ、これを観賞しに孫を連れて見に来た人もいたことを聞くと背筋が凍ります。
今もホームセンターでは安価なブロックを山ほど購入して作る喜びに浸っている方もいますが、そのブロックで愛する人を失わないように安全なDIYを心がけてほしいことと、売り手もこの基準施行の普及に努め、これを行わない者には罰則が課せられるルール作りが必須ではないかと思います。

br2.jpg

br1.jpg

ワールドサッカー初戦勝利ネクストへ

rwjpco2018.jpg
【コロンビア-日本】
ニッポンやったね。
サッカーのワールドカップ
日本戦瞬間最高視聴率55.4%
ドラマは録画するけどリアルタイムのスポーツ観戦は今の出来事。心をつかむ。

またもブロック塀

br2.jpg
参照:高槻市立寿栄小学校ブロック塀倒壊
br1.jpg
参照:ハザードラボ
大阪地震、登校途中の女の子が、倒れてきたブロック塀の下敷きになって命を失いました。
板に描いたセットのように倒れたブロック塀。簡単に手に入り素人にも出来る建築物ほど恐ろしいものはない。板でも危険なのにブロックはコンクリと石の塊でそれが数珠つなぎに並べられているのですから、こんな安直な建築物はありません。いくらキレイにペイントしても構造が危なっかしいものなら見とれている場合ではないと思います。
私が子供の頃からブロック塀の危険性は叫ばれていました。今もなおこうした犠牲が出る原因はなぜかと問いかけたいです。

関東学生連盟:日大アメフト危険プレー検証と裁定

優れた指導者は、選手の能力を発見し最大限に伸ばします。
能力のない指導者は、『根性論』を振りかざします。
最低な指導者は、選手に犯罪をそそのかします。

日大アメフト部による危険プレーについて、
学連は内田監督を指導者の資格なしと断定しました。
メデイアも検証に努めてくれましたが、それ以上に協力してくれたのは試合を見ていた大勢の観客たち。
検証され、裁定が出たことで未来を担う学生や選手たちを暖かく見守る大人たちがいることがわかり希望が見えてきました。
しかし、5月6日の試合から裁定が出るまで25日。
その間の指導者や日大側のコメントは大人とは思えないようなお粗末なもので今も大学は何をすべきかも理解していないような状態です。
関東学生連盟「日大アメフト危険プレー検証と裁定」

日大アメフト部

優秀な監督とは?
最悪な監督とは?

5月の風景

東京駅丸の内側
Tokyo Station Marunouchi
たくさんの旅行者。Many travelers.
東京駅1 東京駅2

悪しき持論を連呼する大臣

財務大臣がセクハラを働いた部下を養護するためあちこちで口を尖らせ持論を展開しています。
この方に限らず、日本のオジサンはむやみやたらとセクハラの主張に脅威論を振りかざします。
(全員ではないのが救い)

対象を置き換えて、
妻が卑猥な誘いをされたなら?
娘が性的中傷を受けたら?
孫のプライベートに異様なまでに興味を持たれたら?
それでもまだ「うっかり冗談も言えねえよ」なんて言うのでしょうか。

想像することを拒絶する小心者ほど過剰反応を示し、理性を欠いた攻撃をくり返すものです。

人は持論に固執します。
それが軽蔑される内容でも隠すことは出来ないようです。
自分の父親が、
自分の夫が、
自分の祖父が、
セクハラで幻滅するような暴言を吐く人間だとしたら、
私達はどう対処していくか考えなくてはなりません。

彼の言う甘さとは?

容疑者ではなくメンバーと呼ばれる50才近い男性アイドルのわいせつ行為に関して、自宅に行った女子高校生を咎める意見が出て来ているようですが、取り下げたとは言え、警察が慎重に調べ被害者と認められた人や家族を批判対象にするのは見当違いではないかと思うのです。

『…最悪なのは「男性と2人で酒を飲みに行く女性の方が悪い」という意見で、これは加害者男性を甘やかし被害者女性だけを責めているに他ならない。 』
引用:Business Insider 渡邊裕子
https://www.businessinsider.jp/post-166354

弱いものほど進化する

恐竜はなぜ文明都市を造るまでに進化しなかったのだろう。
人間社会の歴史と比べようもないぐらい長期にわたって全盛を誇ったのに、外で卵を産み育て、現代人を驚かせるほどの巨大な骨格を残し絶滅した(とされている)。
小さな生き物は生き残るために必死。
他の生き物が食べないものを主食にする。
生き方も変える。
いよいよなったら身体を小さくしたり骨格まで変える。
ハイブリッド種になって子孫を残す。
変わらないことを誇るのもあり。
変わることによって生命をつなぎ続けるのもあり。
恐竜は食物連鎖の頂点にあり恐れるものは同種のライバルぐらいで食うに困らなかったのかも。
自分を変えてまで努力しなくて良い。
あれほど巨大になって時代を謳歌した(と思われる)後、絶滅してしまい、ビクビクしながら(と想像する)小動物の哺乳類が今や山を削り、川を止め、空を目指すビルを建て、地球を改造しまくり、宇宙に飛び出していることを見ると、弱い生き物ほど貪欲で生命力を秘めていると言えるかも知れません。
でもね、衰退の時は例外なくありますから、見直すとしたら今。
進化と変化を止めることなく追い続けているのは人間だけではないし、人間が関わる生き物すべてに影響も与え、強いと思えた種は滅び、高をくくっていた種が足下をさらう。
「宇宙戦争」ハーバート・ジョージ・ウェルズ(H・G・ウエルズ)は絶対的力を持っていた地球外生物の侵略者が目に見えない菌(ウイルス?バクテリア?)で駆逐されてしまう内容でした。
弱い生き物の進化は制御も必要。
地面をひっくり返すやり方は慎重に行わなければいけません。
大きな生き物も我が世の春は明日消えるとも限らないと心して生きるべきです。